×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プチバトーの子供服とベビー服

プチバトーとは

プチバトーとは1893年にフランスで誕生した洋服のブランドですが、お子さんをお持ちのお母さんならば知っている人も多いように、ベビー服・子供服のブランドとして世界中にその名前が知られています。1994年のシャネルスーツのインナーとしてスーパーモデルがTシャツを着たことから大人用の服としても大人気になったプチバトーは、着心地の良さから世界中の女性に大人気となっています。


ベビー服や子供服でお母さんが一番気にする部分と言えば、やはり肌触りの良さや汗の吸水性などではないでしょうか。赤ちゃんや子供の肌はとっても敏感で柔らかなのでちょっとしたことでもトラブルの原因になってしまいます。その点を徹底的に追求して工夫してきたプチバトーは、だからこそ世界中で人気を持ったブランドに成長してきました。


「第二の肌」というキャッチフレーズを持つほどの着心地の良さ、肌触りの良さがプチバトーを特徴づけている点ですが、これは1×1リブ編みと2×2リブ編みと呼ばれるものによって生み出されています。またその他にはピコレースやポワンココットと呼ばれている編み方があります。ピコレースとは装飾的な意味合いの強いくさり編みの「縁飾り」で、ポワンココットとはニワトリのとさかに似ていることに由来してその名が付いた「縁かがり」のことです。見た目が美しいだけではなく、伸縮性を必要とする部分を補強する役目も果たしており、外見と機能性の両方を兼ね備えたものとしてキャミソールのストラップや胸もとなどに使用されていることで有名です。


着心地の良さ、肌触りへのこだわりで有名なプチバトーですが、カラー(色)へのこだわりも徹底しています。染めた生地は何度も何度も水温の違う水で洗濯 れて色落ちをチェックされます。また色々な種類の違う光源のしたでその発色具合を検査され、それらを全て合格したものだけが市場に投入されます。他にも細部にわたるデザイン性と機能性・実用性などこだわりの事項がたくさんあり、そのどれもが多くの女性の支持を得ているからこそここまで有名で愛用されるブランドに育ってきたといえるでしょう。


プチバトーの肌触りの気持ち良さ

プチバトーとは1893年にフランスで誕生した洋服のブランドですが、お子さんをお持ちのお母さんならば知っている人も多いように、ベビー服・子供服のブランドとして世界中にその名前が知られています。1994年のシャネルスーツのインナーとしてスーパーモデルがTシャツを着たことから大人用の服としても大人気になったプチバトーは、着心地の良さから世界中の女性に大人気となっています。


ベビー服や子供服で一番気になるところは肌触りではないでしょうか。赤ちゃんや子供の肌は敏感で柔らか。大人が思っている以上に肌の感覚器官は発達しています。安心してすやすやと眠れて、すくすくと育っていくためにも肌着の柔らかさは何よりも重要なことです。この点においてプチバトーは極めてソフトで優しい肌触りをリブ編みの生地によって世界に広めてきました。


プチバトーの肌触りの気持ち良さを表すキャッチフレーズがあります。それが「第二の肌」という言葉です。肌触りの良さ、着心地の良さを追求してきたプチバトーは、1×1リブ編みと2×2リブ編みという独特の方法を開発してきました。1×1リブ編みは一目づつ表と裏を交互に編み上げたもので、プチバトーの代表的な素材であり薄くて繊細な編み方です。2×2リブ編みは二目づつ表と裏を交互に編み上げたもので、プチバトーが最初に開発した編み方としても有名です。表面はポコポコした手触りですが伸縮性が高く体にピッタリとくるフィット感に優れています。


こだわりという点においてプチバトーはさまざまな部分に徹底してこだわっています。代表的なものが着心地の良さ、肌触りの良さですが色(カラー)に関してもまた同じようなこだわりを持っています。生地を何度も温度の違う水で洗濯して色落ちの具合を調べたり、いろいろな光源の下でその発色具合をチェックしたりしているのです。またデザインと耐久性、見た目の美しさと使いやすさというようなどちらかを犠牲にしなければなかなか難しいような部分に関しても研究と工夫を重ねて多くの女性に納得のいくものを提供し続けていることがプチバトーの人気の最大の秘密と言えるでしょう。


プチバトーとは1893年にフランスで誕生した洋服のブランド

プチバトーとは1893年にフランスで誕生した洋服のブランドですが、お子さんをお持ちのお母さんならば知っている人も多いように、ベビー服・子供服のブランドとして世界中にその名前が知られています。1994年のシャネルスーツのインナーとしてスーパーモデルがTシャツを着たことから大人用の服としても大人気になったプチバトーは、着心地の良さから世界中の女性に大人気となっています。


肌触りや着心地、脱ぎ着のしやすさそして吸水性という部分をベビー服や子供服では重視してチョイスしている方が多いと思います。赤ちゃんや子供の肌はとても柔らかくて敏感です。だからこそ上質な素材で実用性・機能性が優れているものを選びたいものです。そういう点において徹底的にこだわって作っているのがこのプチバトーのベビー服、子供服です。ソフトで優しく気持ちの良い肌触りと汗の吸収力が高い、そして脱ぎ着もしやすいという一見すると両立しないようなことをしっかりと考えて作られています。


プチバトーの肌触りの気持ち良さを表すキャッチフレーズがあります。それが「第二の肌」という言葉です。肌触りの良さ、着心地の良さを追求してきたプチバトーは、1×1リブ編みと2×2リブ編みという独特の方法を開発してきました。1×1リブ編みは一目づつ表と裏を交互に編み上げたもので、プチバトーの代表的な素材であり薄くて繊細な編み方です。2×2リブ編みは二目づつ表と裏を交互に編み上げたもので、プチバトーが最初に開発した編み方としても有名です。表面はポコポコした手触りですが伸縮性が高く体にピッタリとくるフィット感に優れています。


肌触りや着心地の快さで有名なプチバトーですが、その他にも独特の色をどのようにして出すのかにもとことんこだわって作られています。染色された生地を何度も何度も違う温度の水で洗濯をして色落ちの度合いをチェックします。また太陽光や蛍光灯など色んな光のもとでは色テストを繰り返してそのテストに合格したものだけがプチバトーとして認定されるのです。このようなこだわりが積み重なっているからこそプチバトーは世界中の女性に愛され続けているブランドとして人気があります。